相馬中村神社
由緒 境内配置図 祭事・行事 ご祈祷・授与品 祈祷お申し込み 交通ご案内 お問い合わせ


相馬中村神社は、神道の上からは天之御中主神を祀る。明治以前のずっと古い神仏混清の時代から「相馬のミョウケンサマ」として親しまれてきたが、妙見とは仏教でいえば北辰妙見菩薩のことであり、北辰とは本来北極星を指し、北方鎮護をつかぎどる星の信仰がもとになっている。仏教時代切御神体は亀に乗った菩薩像で周囲に七つの北斗星すなわち七曜をあしらっていることの多いのはそのためである。明治になってから、神と仏は分離され、妙見様は相馬中村神社と改め、祭神も天之御中主神としたのである。
 この神称は日本の国土がはじめて出来た時、すべての神の中でもっとも早く、天の真申に出現された神として、層神の先祖にあたるわが国最古の神である。「古事記」に「天地初発の時になりませる神」と濁る神で初発神社とも呼ばれるゆえんである。



相馬中村神社のはじまりは、社伝によれぼ今からおよ三千余年前の承平年聞(九三一〜九三七)相馬家の先祖平将門が下絵の国猿島郡という所に妙見社を創建し七戟勝を祈願併せて国家安泰、国民諸業の繁栄を祈念したことにはじまり、後孫師常公(平泉征伐の功により源南朝から奥州相馬の地を与えちれ、奥州相馬
氏の祖七なったが、この時はまだ奥州には来ていない)がやはり下絵の相馬郡に社殿を建てたと伝えるのち元亨三年(一三二三)になって、師常より六世の孫相馬孫五郎重胤公が鎌倉からはじめて奥州行方郡に移るや同時に妙見雨を太田にうつし(奥州下降のとき鎮守妙見の神輿に遷従し相馬公と同行した雨宮は田代左衛門大夫信盛にて現宮司些二十九代の子孫にあたる)正慶元年(一三三二)小高に築城してうつる時、また神社も小高にうつしさらに慶長十六年(一六一一)相馬利胤公相馬中村に城をうつした時妙見社も中村城の城内にうつした。これが今の相馬中村神社である。
 したがって相馬中村神社は、相馬家代々の氏神とLて崇敬とくに厚かったばかりでなく、相馬の総鎮守として今にいたっている理由である。
 現在の本社建築である相馬中村神社本殿・幣殿・拝殿は寛永二十年(一六四三)に建立されたもので、相馬地方の代表的古建築として国の重要文化財に層定されている。建築様式は用材として捧をふんだんに使用した権現造りであり、本殿および拝殿正面の墓股と呼ばれる部材は神社由緒を象徴するかのように、馬の彫刻が属されている。ところで、現在建物の外観は白木造りの様相を呈しているが、本殿は本来、木部全体に漆塗り(摺漆)を施したものであった。建立後の三五〇年という歳月により、建物は一見、真の姿を隠しているが、内部に施された漆塗り、彩色は良く残り、当時の装飾美を今に伝えている。
 また元禄の頃相馬藩中興の藩主といわれる昌胤公は、とくに吉田神道に帰依されたためもあって、吉田神道に止る神事が今に伝わり、ことに吉田流の護摩祈祷に昔の名残りをとどめていると言われて居る。(現在正月元旦より十五日に至る聞相馬中村神社において社家代々直伝による護摩行事を執り行い各々の家業の繁栄は言う迄も無く無病息災の祈願を御奉仕している)宮司の田代家も重胤公の時に妙見に供奉してきた古い社家にして現在の宮司田代誠信は実に二十九代目の子孫にあたる。又祖田代冠者信綱を祀る田代観音(田代寺)は鎌倉市の名捜町にある。



○例大祭 四月十八日、十九日

 桜花爛漫の頃の例祭で賑わう殊に参道の桜は誠に美観である。
又十草は婦人千人講の祈願祭も併せて執り行なわれる。

○野馬追祭 七月二十三日、二十四日

 野馬追の起源は遠く平将門のもので、苦は山野に群がる野馬を掃えて妙見様に奉ることがもとになっている。明治以降野馬はいなくなったので神旗争奪戟に切りかえられたか旧相馬藩全領をあげての祭りで、国の重要文化財に指定されている。二十三日を「お繰り出し」といい、相馬中村神社の大神輿は甲育に身を固めた相馬旧藩主公に守られ騎馬武者首数十騎が供奉して原町の雲雀が原に神事旭公園に衛生華。二十四日本陣山に大神輿を安置野鳥追祭を執行後再び行列を撃凡て本城であった中村に帰還され「お上り」の式を行う。

 

 

 



〒976-0042 福島県相馬市中村字北町140 TEL:0244-35-3363 /  E-mail:info@somanakamurajinjya.or.jp
(C)Copyright 2005 Soma Nakamura Jinja. All Rights Reserved.